合格率

MENU

難易度が高い!?

看護師になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
つまり国家試験に合格しない限りは、看護師になることができないのです。

 

高齢化の影響で看護師の数が足りていない現状を踏まえると、国家試験に合格しなければ看護師として働けない制度には正直、疑問を感じます。
けれども看護師は患者の命を預かると言っても過言ではないほどの、責任重大な仕事をします。
そのように考えると、やはり国家試験がなければならないのです。

 

そんな看護師国家試験ですが、他の弁護士などの国家試験と比較すると合格率は高いです。
そのため試験内容自体はそこまで難易度が高いわけではないと言うことができます。
では簡単に看護師にはなれるのでしょうか。
決してそういうわけではありません。
ホーム

 

関門をクリア

 

なぜかというと厳しい受験資格があるからです。
具体的にどういうことかと言うと、国が指定した機関において看護の勉強をして、そこを卒業していないといけないのです。
当然、学費もかかってしまいます。
つまりこの関門さえクリアすることができれば、合格への道はグッと近づいてくるということなのです。

 

試験に合格できれば様々なメリットがあります。
まず専門性の高い仕事であるため、給料はかなり良い部類の職業になります。

 

また名声を得ることも可能です
人を助けるというやりがいの大きな仕事をしていると、人々からは見なされるからです

 

心不全という言葉は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。心不全というのは詳しくは病名ではなく、「心臓の動きが不十分な結果、起きた体の状態」を言います。心不全の原因は先天性の心疾患、心筋梗塞、高血圧など様々ですが、共通することが慢性心不全になると治療をして症状が治まっても、骨折などのように完治はしないのです。慢性心不全は進行型の病態であり入退院を繰り返す度に心機能は低下していくといわれています。なので一度心不全になった場合は、入退院を繰り返さないような生活を送ることが必要になります。自己管理というのが心不全増悪予防のためには非常に大事なのです。まずは医師に提示された水分制限を守ることです。...