子育てや家事との両立

看護師はなる前にも勉強が必要です。
中には20代・30代・40代になって改めて勉強をはじめて
看護学校を受験する方もいらっしゃいます。

また、今の職場に満足できず転職される方も多いですよね。

 

しっかりと試験に合格することは必要になるからです。
もちろん合格率は高いものになりますが、ある程度の勉強はどうしても必要になります。

 

実は看護師になってからも勉強は必要です。
医学というものは、奥の深いものです。
看護についても学ぶことは少なくありません。

 

実際に働き始めると、様々な事を考えなければいけません。
新しい部署に配属されるような事もあるでしょう。
転職もあります。
その度に学ばなければいけないことが出てきます。
診療分野ごとに学ぶことがあるわけです。

 

特に、専門的な知識やスキルを身に付けることも必要になります。

 

■勉強法について

 

 

本を読むというものが最もオーソドックスな勉強スタイルになります。
しかし、挫折がしやすい分野でもあります。
本を購入する時には、自分にとって分かりやすいかをしっかりとチェックしたうえで選んでください。
そして途中で脱落しないように、自分にノルマを課しましょう。
1週間で何ページは読む、といったものです。

 

読むのが早い方でしたら、1週間で読み終わってしまうと思います。
しかし、勉強をするわけなので、小説のような読み方はできません。
時々読み返して確認することが大切です。
多くても週に50ページくらいが限度かもしれません。
その程度のノルマを課して、読み進めましょう。

 

特に差し迫って必要な勉強でなければ時間をかけることも良いかもしれません。
確実にマスターして、将来の仕事に活かせるようにするのが大事です。

 

看護師 転職 30代

 

文系の悩みと看護師の就職

 

将来的に看護師になりたい方が悩むものがあります。
それは、文系でもなれるのか、という事になります。

 

まず、最初に言いたいのが、看護士になるためには文系も理系も関係ないという事です。
どちらの方でも目指すことができます。
看護大学に入る時に理系の勉強は全く必要ないというわけでもありません。
確かに、数学や理科のうち強化を選択しなければいけないこともあります。
しかし、それほど深い知識は問われません。
ある程度勉強すれば十分に突破できる問題しか出ないわけです。

 

中には、2次試験などは小論文だけという事もあります。
ですから、かえって文系の方のほうが有利といっても良いかもしれません。
自分は分系だから、などと思って看護師をあきらめたりしないようにしましょう。

 

入学後については、生物の勉強をすることになります。
ですので、一定の理系の勉強はしなければなりません。
ただし、入学してからの勉強で十分に追いつけるものになります。
複雑な関数や図形などの計算をすることも看護の世界では必要ではありません。
以上の事からも、前もって勉強をして入学する必要もないと判断できます。
もちろん、入学をして勉強前の予習などはしておいた方が良いでしょう。

 

実際に、看護学部で勉強している方を見ると、
文系が得意というような方のほうが多いことに気づくはずです。
理系がネックになるという事はありませんが、
文系のほうが有利に働くという事は頭に入れておくと良いかもしれません。
抵抗感が薄れると思います。

心不全という言葉は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。心不全というのは詳しくは病名ではなく、「心臓の動きが不十分な結果、起きた体の状態」を言います。心不全の原因は先天性の心疾患、心筋梗塞、高血圧など様々ですが、共通することが慢性心不全になると治療をして症状が治まっても、骨折などのように完治はしないのです。慢性心不全は進行型の病態であり入退院を繰り返す度に心機能は低下していくといわれています。
まず看護師になるためには国家試験に合格しなければいけないため、看護師になることは決して簡単ではないということは誰でも知っているはずです。けれども意外と知られていない情報があります。
私は看護師を目指している、看護学生です。看護学校選びについて書いていきたいと思います。少子化ながら、看護学校は少しづつですが増えています。その中から学校を選ぶのは大変ですよね?私も学校選びには時間がかかりました。